インターナショナル社の出版事業

新刊のご案内

『臺北の疎開地』ー太陽の片隅で・戦争の子

2022年5月31日発売予定!
「戦争の子」と「台北の疎開地」は、今や絶滅危惧種となった戦前の臺灣で生まれた湾生と呼ばれる臺灣引揚者が少年の頃に日本語世代の臺灣少年とともに遊んだ思い出を描く大人向け少年小説。「爆心地の悪戯」では、放射能が70年間残ると言われた長崎の原爆野での少年のある日の幻想風景を描いた掌編小説。他にインドを舞台とする不思議な出来事を描いた小説3編。

【戦争の子】 陸軍病院 デング熱 大詔奉戴日 屏東公園 瑞竹 国民学校の教科 台湾料理 映画「山の娘サヨン」 空襲警報 隘寮渓の砂利採集 竹の飛行機 特攻隊の出撃 真っ白い落下傘 文武町の官舎 敗戦後の臺北 臺灣引揚げー長崎の原爆野 
【臺北の疎開地】 トロッコ カルメラ作りかい掘り 赤蛙 おたまじゃくしの水 家出 女の人 臺北大空襲 家鴨と蝸牛 敗戦 それから三十年経ってー疎開地を訪ねる 爆心地の悪戯
【二日酔いのインド】 酒がでない結婚式 生娘の小便を飲む首相? 大いに飲み、語り明かす
【太陽の片隅で】
【 隠れ家ホテル】
-臺灣地図ー臺灣関係年表ー


【インターネット】以下サイトで予約受付中!
  → 楽天ブックス 

【書店】ご近所の書店にてご予約下さい。

  2022年5月31日 初版第1刷 発行
  著者 山本 悦夫
  発行 (株)インターナショナルセイア
  発売 (株)星雲社(共同出版社・流通責任出版社)
​  印刷・製本 (株)東光社